中文English 丨 한국어 丨 日本語
ジャンプ:  沿革

● 1993年05月:    青島市進出口総公司の第八業務部として起業。(化学品輸出)

● 1996年11月:    環境に優しい、便利さ高いISO TANKで初回目の危険化学品日本輸出に成功。

● 2001年06月:    業務部の名を靑島益佳通商進出口有限公司の第八業務部に改称。

● 2004年04月:    登録資本金600万元を持って、靑島昂必立進出口有限公司を設立。社業の経営範囲:医薬原体、電子化学、鋳造、石油化学、日用化学、ゴム中間体、インク、塗料など。

● 2004年09月:   バラ積み船で初回目の大口注文量の液体化学品日本輸出に成功。

● 2005年09月:   中日両国の名企業間の農薬中間体のOEM生産を成功に斡旋し、製品開発能力がワンランク上へ。

● 2008年11月:   電子工業分野で専用のTHFAを成功に開発し、韓国サムスンに輸出。

● 2009年08月:   登録資本金を1100万元に増え、靑島昂必立実業有限公司に社名変更。

● 2010年06月:   ライフサイエンス分野の食品と飼料添加物製品輸出の事業に進出。

● 2010年11月:   登録資本金を1600万元に増える。

● 2011年12月:   年商輸出額は11000万ドルに達し、靑島市政府運営の対外貿易会社の中に、ドルの輸出額が億の大台を突破する歴史を作る。

● 2012年08月:   登録資本金を2600万元に増える。

● 2011年-2015年:外貨獲得金額は五年連続で靑島市政府運営の対外貿易会社に第一名の座を保ってきた。

● 2017年09月    登録資本金を3200万元に増える。